泡沫の龍騎士 14話

 龍舎の中で、ノルヴは一人佇んでいた。
 彼の目の前にいるのは、彼と幾度も戦いを共にしてきた黒龍。先程ノルヴがやった石を咀嚼している。

「この数週間、色々ありすぎたよなあ」

 思わず独白が口から洩れた。
 戦闘開始一時間前、準備も終え、あとは出発を残すのみ、といった状況だ。今回の戦闘は、前回ほど大規模なものではない。戦力は五騎編成で、敵の仮拠点を襲撃する、といったものだった。目標の仮拠点は、ミストとアドウェルが姿を晦ました西鉱山基地から最も近い場所にあるものだ。つまりそれだけ、二人が潜伏している可能性も高かった。

「隊長、そろそろ」

 龍舎内に入ってきた兵が、ノルヴに言う。
 短く返事をすると、彼は龍を連れて外に出た。

 広い離着陸場に、龍が四騎。その中には、レアの姿もある。この襲撃は本部が主体となっているため、沿岸基地の者が参加することはまずない。しかし今回は、特例、といった奴だった。

「本当に、いいんだな」

 出発直前、ノルヴはレアに聞く。
 レアは、あまり浮かない表情ではあるが、確かな意志をもって頷いた。

 戦闘前とは思えない程、酷く哀愁を伴った龍達が、一斉に飛びたつ。空は果てがないくらいに青く広がり、所々に雲が浮いていた。
 動くものが一つも無くなった広い更地には、泡沫のような小さい花が二本、風に揺れている。

――

 戦闘場所は、矢張り森の上空だった。ノルヴ達が白龍と出会った洞窟のある森とよく似ているが、別の場所だ。このような森は、大陸内に複数個所ある。
 アドリア国軍の龍の数は、シュピネー帝国軍と同数の四機。各々が一対一になる形で戦闘が進行していた。
 通常の兵であれば、一回の戦闘で平均して二匹、ノルヴが撃墜するのだが、今回は違った。言うまでもなく、姿を現したミストの相手をしていたからだ。彼はやはり手練れらしく、決着がすぐにつく気配はなさそうだった。

「聞えるー?」

 ミストの龍を追うノルヴの耳に、突然声が聞こえる。通信装置を介しての声だ。

「お前! 何故通信ができる!」

 咄嗟に怒鳴るノルヴ。通信装置は、事前に紐づけされた石同士のみでしか通信は不可能であるので、国を出て以降ミストにそんな細工をできる筈がなかった。

「君のに通信できる奴を一つくすねてただけだよぉ。ふふ、ちゃんと受けてくれたんだねぇ」

 変わらない口調で話すミスト。
 やはり癪に障るらしい、ノルヴは旋回すると発砲した。
 しかし、その行動をミストは想定済みだったのか、避けられてしまう。
 旋回を終了するとすぐに、ミストは一気に急上昇する。高度が上がり、全体が上下逆さまになっていた。ノルヴの上方にいる位置関係のまま、連続で攻撃をする。
 その機動の間に、ノルヴは旋回し軌道を右に反らしていた。
 自分の機動が読まれたことに、軽く歯噛みするミスト。

「流石だね」

「お互いさまだろ」

 短くやり取りした後、ノルヴをミストが追う形になった。
 通常の弾を、ミストは連続で撃つ。
 左右上下、細かく動いて、それをいなすノルヴ。
 その時、飛来した弾の一発が、彼の背中に当たった。

「......ほう、騎龍戦用の弾でも防ぐんだ、その防弾服。凄いねぇ」

 感心したような声が、通信機器から聞こえてくる。

「交配云々は俺が口出しした。この国で作れる、最強の繊維だ」

「なるほど、糸職人の知識も伊達じゃないってことか」

 そして高度を下げるノルヴ。
 同時に急旋回し、ミストの下側に回った。
 ミストの龍の腹が狙える位置に来た瞬間、二発対龍弾を発射する。
 空中を転がるように回転し、弾を避けたミストは、その回転を保ったまま高度を下げ、ノルヴの横に並んだ。彼の表情は、いかにも戦闘を楽しんでいる、といったものだった。
 それを見て、ノルヴは舌打ちする。

「楽しんでんじゃねえぞおい。俺は遊んでるんじゃねえんだ」

 言いながら、更に発砲。
 一瞬速度を下げてそれを避けたミストは、笑い声を上げる。

「じゃあさっさと終わらせてみてよ」

 半ば彼の煽りに乗るような形で、ノルヴは攻撃をした。

――

「ノルヴ......ミスト......」

 自分も戦闘中の身でありながら、レアの意識は完全に二人の方へと向けられていた。
 先程から数回危ない目にあっているのだが、本人はそんなことにすら構っていられないようだ。
 レアは、言いようのない気分を味わっていた。自分の命を救った男と、古くからの親友が、目の前で争っている。しかも、恩人は今や敵軍に所属する猛者なのだ。先日西鉱山基地でミストが正体を現して以降、彼はどことなく無関係の者であるような立ち位置に立たされていた。しかし実際は、一連の事件に関わる人間の最も中枢にいる。傍から見ていなければいけない状況に、歯がゆい思いをしていた。

 それでだけではなく、彼の顔には根拠のない焦燥が浮かんでいるのだが――

 ふと気づくと、隊列を崩しそうになっている。先程からこれの繰り返しだ。
 慌てて龍の向きを調整した。
 連続した発砲音を聞いて、レアはノルヴ達に視線を戻す。勿論、隊列への集中も切らしていない。
 先ほどノルヴは、相対しているミストと何か話をしているように見えた。見えた、といっても、そうとでも考えなければというほど、互いの攻撃の感覚が長かったからという話なのだが。
 それが今度は互いに激しく打ち合っている。話が終わった、ということなのだろうか。

「......ア、レア! 聞こえるか!」

 突然通信装置から声が聞こえた。

「の、ノルヴ? どうしたの、戦闘中でしょ?」

 思わず驚愕の声を出すレア。
 それと同時に、彼の元にも敵からの攻撃が飛来する。
 慌ててそれを避け、逡巡したレアは突然隊列から抜けた。他の者が戸惑う気配がするが、混戦に突入してしまった為に事情を聴く余裕がないようだ。逆に言えば、そうなるタイミングをレアが狙ったとも言える。
 戦地から離れ、ノルヴとミストが見えるギリギリの位置まで後退した彼は、龍を停止させてノルヴからの返事を待った。

「ああ。決着がつくまで、この通信は切らないでおいてくれ」

 激しい発砲の音交じりに、ノルヴの声がする。

「ど、どうして......」

 戸惑いながら聞き返すレア。
 少し間を開けた後、ノルヴの答えが返ってきた。

「......俺は、恐らく数分しないうちにお前の恩人を殺す。筋の通らねえ、意味の分からない理屈だと思うが、その瞬間まで、音だけでもお前に届けたい。だから、そのまま通信を切らずにいてくれないか。俺の自己満足だが」

 言い終えた直後に、ミストの龍が空中でよろめいたように見える。
 それを見て、レアは目を見開いた。遠目だが、龍の腹部から出血している様子が見受けられる。
 どう見ても、対龍弾によるダメージだった。
 しかし、ミストに戦闘を諦めたり、無事に帰ろうなんて気はさらさらないようで、戦闘は続行される。
 ノルヴの言う事は、希望的観測ではなさそうだった。
 レアは通信装置に反応されない程小さな声で、ミストの名を口走る。
 そして、数秒無言の時間。

「分かった」

 彼が想いを言葉にした直後――

――

 戦闘は、ますます激しくなっていた。互いに細かい機動を繰り返しながら、連続して攻撃を繰り出している。
 本来、大量消費が難しい対龍弾は決定打として放たれるものだ。しかし、互いにいつ攻撃が当たってもおかしくない状況の為、かなりの個数の対龍弾を打ち合うという状況になっていた。
 そして、ミストは龍の腹部に対龍弾を一発食らっている。つまり劣勢だった。
 だが互いに攻撃の手を緩めない。

 激しい膠着状態は、暫く続いた。

 戦闘の長さの割に、決着は一瞬でつく。

 ノルヴの放った弾が、ミストの龍の頸部に当たった。

 人と同様、龍にとっても弱点となる場所だ。

 鮮血を滴らせながら、龍は落ちていく。

 普通ならば、ノルヴは落ちていく騎に見向きもしない。しかし今回は違った。

 後を追うように、急降下する。

 そしてミストの直上に到達した。

 上を見上げたミストと、ノルヴの目が一瞬合う。

 直後、ノルヴは小銃を連射した。

 外れた弾は、皆無だった。

 内一つが、ミストの脳天を貫く。

 銃撃は停まった。

 ノルヴは、レアが息を飲む音を、装置越しに聞いた。

「ノルヴ! 避け――」

 そんな声が聞こえた瞬間、彼の視界は真っ白になる。

 悲痛な叫び声と、勝ち誇ったような笑い声が、聞こえたような気がした。

――

 レアは、唖然としていた。
 彼の目には、眩いばかりの白い光が映っている。
 それは煙のようなものだった。
 ノルヴがいる場所に、それは蔓延している。

 生けるもの全ての命を奪う、白龍のブレスだった。

 数瞬の後、雲の如く広がるそれから、何かが落下する。

 ノルヴと、ノルヴの龍だった。

 微動だにせず、ただ重力に従って落ちていく。

 死んでいるのだ。

「あー、あー、聞こえるか?」

 レアが、俄かには信じがたい事実を認識すると同時に、通信装置から、新しい声が聞こえてきた。

「ア......ドウェル......たいちょ......」

 返すレアの言葉は、震えて殆ど声になっていない。

「どさくさに紛れて通信装置を奪ったが、流石にあのブレスでもこれは壊せないみたいだな......」

 アドウェルの声は、至って冷静だった。

「どうして、白龍がここに......」

 未だ混乱したままのレアの呟きに、アドウェルが嘲笑する声が聞こえる。

「先日の、お前らが落とされた戦闘で、ミストも落とされてたんだ。あいつはアドリア国密偵、いくらシュピネーの情報を流さないといっても、この龍の情報はその範疇じゃない......あいつから全部聞いたぜ、お前らが何を見てたのか......」

 それを聞き、レアの脳裏に白龍の洞窟での事が蘇った。

 ――不自然に聞えた石の転がる音。

 つまり、あの洞窟でお起こった一部始終を、ミストが盗み見ていた、ということになる。
 そして、龍と契約する方法は、至って簡単なもの――

「全く、鬼に金棒って奴だ。俺がこんな龍を手にれられるとは......,,あの野郎、俺の接近に気づくことなく、呆気なく死んでったろ? これで多少は気が晴れるってもんだ。あとは、この龍でてめえらの国を亡ぼせばいい」

 勝ち誇っているのがよくわかる、上機嫌な声色だった。
 数百メートル離れたところで相対する二つの龍は、暫く互いに動かなかった。
 風の音が聞こえる。
 先に動いたのは、レアだった。
 銃を撃ちながらアドウェルに向けて飛んでいく。
 彼から見て左方向に、アドウェルは旋回した。弾は全弾外れる。
 白龍と暗赤龍では、暗赤龍の方にスピードの利がある。やや小型であるレアの龍は小回りも効き、アドウェルの斜め後ろから肉薄する。

「......よくも!」


 堪えていたものがあふれた、と言った感じに、レアは叫んだ。
 すると、通信装置から笑い声が聞こえる。

「親友だかなんだか知らねえが、大層ご立腹だねえ」

「うるさい!」

 レアは、それ以降何も言わずに攻撃を続けていた。
 無我夢中、という奴だ。本来彼が持つ実力を遥かに凌駕するほどの戦い様である。
 必死の表情の彼が、何を考えているのかは、くみ取れなかった。

 アドウェルを、真後ろからレアが追う形になっている。

 そして、レアの猛攻が止んだ一瞬の隙に、アドウェルは龍を急上昇させた。

 その意図をレアが察した時には、もう遅かった。

 速度が落ちたアドウェルの下を、レアが通り過ぎていく。

 アドウェルの龍が、頭を下に下げる――

――

「......今回は、本当に、事実なのですね」

 戦闘は、誰も見たことのない白龍の出現により、シュピネー国の即刻撤退という形に終わった。

「はい。白い龍と対峙した騎士二名を、失いました」

 レリスに伝達した兵の声は、沈んだものである。

 失った騎士二名の名は、ノルヴとレア。
 どちらも、白龍のブレスによるものだった。

「それで、白龍は」

 無表情に聞くレリス。

「一人で向かっていった一兵卒と、相打ちになりました。龍の方は不明ですが、騎手は死亡が確認されています」

「そう......ですか」

 顔に影を落としつつレリスは言った。そして、そのまま男を下がらせる。

「まさか......本当に......」

 珍しいほどに声を震わせるレリス。
 すると、低い唸り声が聞こえた。
 振り返ると、壁の端にガルドが立っている。

「遺体は、森の中に落ちたんだな......」

 そういう彼も、目が見えなかった。

「戦闘中レアから受けた連絡だと、ミストはノルヴが撃墜したそうだ」

 ガルドは続けた。
 椅子に座るレリスが、ほうと溜息をつく。

「四人とも、ということですね」

「そうだ」

 部屋が一瞬静まり返った。

「少し、広い所に行きませんか?」

 唐突に提案するレリス。
 ガルドは、何も言わずに扉へ向かった。

 二人が向かったのは、離着陸場だった。
 空は、悲しいほどに澄み渡っている。

「残念だが、俺でもあいつが死ぬ瞬間何思ったのかはわからねえ。死にたくない、以外だということだけだ」

 死ぬことに関しては、二人とも兵である以上覚悟していた筈だ。

「あの二人は、互いをどう思ってたのかわかりますか? 親友、というのは聞いていましたが」

 互いに目を合わすことなく、二人は会話を交わす。
 レリスの問いに、ガルドは首を振った。

「十年以上一緒にいるのに、その辺はさっぱりわからねえ。が、白髪の......レアは、ノルヴが死んだ後一人で白龍に向かっていったんだろ? ノルヴから聞いてた性格には似合わねえ。敵討ちというわけでもなさそうだから......やはり――」

 ガルドは、ふと足元に視線を落とす。
 彼の足元には、小さな白い花を咲かした草が生えていた。

「根と花みたいに、姿が見えなくても互いに必要な存在、みたいな感じだったんじゃないか......?」

 しゃがみ込み、花を見つめながら言うガルド。

「......貴方には、中々似合わないセリフですね」

 どこか遠くを見つめながら、レリスは言った。

「そうだな......でも多分、そういうことだと思うぞ」

 風が吹いてきた。
 泡沫のような花は、静かに揺れる。

泡沫の龍騎士 13話

 銃声が鳴り響いた。
 先ほどまで誰もいなかった筈の、訓練場入口からだ。
 同時に、アルドがよろける。

 皆が入口の方を見ると、そこに立っていたのは――

「アドウェル?」

 驚愕の声で、ノルヴがその男の名を呼んだ。
 アドウェルは、煙立ち昇る銃口をこちらに向けている。撃たれたのはガルドのようだった。

「......また防弾服か。今度は頭を狙わねえと」

 出血も何もしないガルドを見て、舌打ちするアドウェル。

「お前! 牢にいた筈だろう!」

 ノルヴは叫んだ。
 彼が捕らえられていたのは、南方にある帝国軍本部地下にある牢だ。つまり、そこから抜け出してこの基地まで来た、ということになる。

「俺は『有能』なんだよ。あれしきの牢と監視を抜けるなんて造作もねえ。才能だけの男を持ち上げるような、そんな能無し軍なんてなあ」

 服に穴をあけられたガルドが、アドウェルを睨みつけた。

「なるほど、だからあの時――俺と騎士長が資料室に居た時――、お前は資料室に来たんだな? ノルヴの居所を聞いて誤魔化したようだが、あんときお前、偽の資料を置きに来たんじゃねえか? お前はノルヴがみたアレはミストが持ち込んだものだってのはすぐわかったが、それを本物だと思わせる為には、本部にも同様の資料が無ければいけなかった。だが情報の伝達が遅れてしまった」

 彼の話に、ミストが溜息をつく。

「全く、流石に計画が雑過ぎたよ。本国からの催促が最早脅迫に変わって、だったら殺さないまでも、永久投獄にでもなればいいかななんて思ってやったことだったけど」

 それを聞き、アドウェルの表情が一変した。ミストに激しい怒りを向けている。

「おい、それどういう意味だ。そんなのに俺を巻き込んだのか?」

 信用を無くしていたとはいえ国を裏切らせるような行為をさせた男の本心が、そんな緩いものだと知り失望したらしい。
 するとミストは、調子づいたように笑みを浮かべた。

「おおっ? 嫉妬心の為に呆気なく母国を捨てるような『尻軽軍人』が、使い捨てにされて怒るの?」

 その挑発に、アドウェルの銃口が向きを変える。先程までノルヴに向けられていたそれが、ミストの頭部に狙いをつけられた。

 直後に銃声。

 そして訪れる静寂。

 アドウェルの銃が、床に落ちる音がした。

「......てめえ!」

 銃を持っていた右手を抑えながら、アドウェルがノルヴを睨みつける。
 ノルヴの持つ銃から、硝煙があがっていた。

「何屑みてえなことしてんだ、この屑」

 彼は、アドウェルを睥睨している。
 それを聞き、アドウェルは額に青筋を浮かべた。

「全部てめえが原因なんだぞノルヴ! 才能に現を抜かし、軍の長に取り入り、俺のような真の実力者から目を背けさせた! てめえのようなのがいると軍は弱くなる。だから――」

「言ってることが意味わかんねえし、うるせえから黙れよ。不必要にぎゃあぎゃあ喚く奴は軍にはいらない。敵国でもどこでも勝手に行け、目障りだ」

 話を中断させたノルヴ。
 アドウェルは、彼に近づくと胸倉をつかんだ。しかし言葉が出ないのか、凶悪な様相で彼を見るだけである。
 一方のノルヴも、侮蔑の目でアドウェルを見下していた。
 すると突然、横からの衝撃が二人の身体に走る。
 ガルドが、横からアドウェルを蹴り飛ばしたのだ。
 胸倉を掴まれていたせいで、ノルヴは一瞬よろける。
 数メートル飛ばされるアドウェル。彼はミストのすぐ傍に転がった。

「国内に他国の兵が二人も入り込んでるんだ、拿捕しないわけないだろう。てめえには何言っても無駄なようだから、俺もノルヴも、もう何も言わない」

 ガルドが言う。
 体を起こしたアドウェルは、諦めたような目になっていた。

「だとしたら、俺は好きなようにさせてもらうぞ......」

 その言葉に不穏なものを感じたノルヴが、アドウェルを捕らえようとする。
 しかし一足遅かった。
 アドウェルが、隠し持っていた発煙筒に火をつける。
 勢いよく噴き出した煙が、一瞬で皆の視界を奪った。
 逃亡阻止のためにガルドやノルヴが叫び声をあげるが、彼を捕まえることはできない。

 唐突に、室内に風が入り込んだ。煙が一気に晴れる。
 床から数メートルのところにある窓が、開け放たれたのだ。
 窓枠に足をかけているのは、アドウェルではなくミストだった。

「お前!」

 ノルヴが怒鳴る。
める。
「ごめんよぉ、俺っちは別に大人しくしてても良かったんだけど、こうなった以上アドリア側に戻るしかないっぽいんだよ。こっちにも色々事情があるからさあ。だからさあ――」

 ミストはノルヴの方を向き、口角を釣り上げた。

「今度の戦闘で、君と俺っちとで一戦交えようよ。これは完全に俺っちの勝手な行動だけど、ここ数日で君にすごく興味が湧いた。だからこの国の情報をかけて決闘っぽいことしてみよう? 君が勝ったら俺っちは潔く死ぬし、君が負けるか、戦いを放棄したら俺っちはこの国で得た情報の全てをアドリアに開示する。どう? 十年もの間君の親友を騙し続け、そしてそれと同じくらいの期間君の恩人の命を狙い続けた俺っちに、一矢報いるようなことしてみてよ」

 突然の提案だ。そして言い終えるとすぐに、ミストらは窓の外へと飛び出した。すぐに追いかけるべきなのだろうが、龍の羽ばたく音が聞こえた為に、それを諦めざるを得なくなってしまう。彼らが今居る西鉱山基地は、アドリア国との国境も近い、下手に戦闘は起こせなかった。
 窓を睨みつけるノルヴ。その目は真剣そのものだ。

「なあ、レア」

 彼はミストから目を離さぬまま、低い声で言った。
 呆然と成り行きを見守る事しかしていなかったレアは、虚を突かれたような反応をする。

「お前は、どうして欲しい? 俺があいつの話を飲んだら、俺はあいつを殺すことになる」

「それは......う、受けなきゃ駄目だよ。その、ノルヴがミストを止めなきゃ、この国の情報が流されるんでしょ? だったら――」

 いつにも増して気弱そうな表情になるレア。
 その言葉を、ノルヴは遮った。

「んなことを聞きたいからお前に質問したんじゃない。お前本人は、どうして欲しいんだ......?」

 はっとした表情になるレア。
 そして、たっぷり十数秒、下を向いて悩んだ。

「......僕は、ミストに死んで欲しくない。でも、でも僕は龍騎士だ。他国との戦いに、私情を持ち込む訳にはいかないよ。ミストか国か、どちらかを選ばなきゃいけないなら......」

 レアは、きっぱりとノルヴの目を見つめる。

「お願いだ、ノルヴ、国を守って欲しい」

――

「......はい、わかりました」

 沈んだ声で通信装置に返事をするレリス。相手は、言うまでもなくノルヴだ。

「落ち込むのは後にしてください。兎に角、アドウェルの件も、ミストの件も、俺が何とかします。不本意ながら、そのどちらにも関わっているようなので」

 彼女の反応を予知していたノルヴが、口早に言った。アドウェル脱走は、本部に居たレリスの失態となるのは当然だ。
 ノルヴが伝えたのは、西鉱山基地内部で起こった出来事全てと、真相だった。

「それと、これは師匠にも、それ以外の誰にも絶対に公言してほしくないことなんですが......」

 話を続けるノルヴの奇妙な念押しに、思わず疑問符を浮かべるレリス。
 彼は、洞窟でレアと共に見聞きしたものの一切を、レリスに伝えた。秘匿の約束は言い過ぎな程に何度も言う。
 話が終わると、レリスは暫しの間沈黙した。無論彼女も阿保ではない。白龍やノルヴが秘匿を望む理由は直ぐに理解していた。

「そんなものが、本当に存在していたのですか......」

 その言葉は、疑問形ではない。

「ええ。俺は凄惨な殺戮劇も、そんなので勝ち取る勝利も好きではないので、これを利用することは望みません。しかし話の重要さ故、貴方には伝えておくべきだという判断をしました」

「......当然の判断でしょう。私も、殺戮や不条理な兵器は好きではありません。我が国が白龍に対して動くことはない、ということにしておきます。問題は、そんなものをもしどこかの国が手に入れてしまったらということですが」

「その時は、そうなるものだったと受け取るしかないでしょうね」

 そんなやり取りをした後、レリスは通信を切ろうとする。
 しかし、ノルヴがそれを引き留めた。
 要件を聞こうとするレリスだが、ノルヴは言い渋っている様子だ。

「どうしたんですか?」

 再び聞く。
 するとノルヴは言った。

「次の戦いが終わったら――」

泡沫の龍騎士 12話

「あー......疲れた......」

 地面に降り立つや否や、ミストは地面に倒れこんだ。目の前には、彼の部下数名が立っている。

「無事に戻られて何よりです」

 部下の内の一人が、感極まった声をミストに掛けた。勿論ミストはそんな雰囲気など無視して、ぐったりと地面にうつ伏せになっている。

「全く、攻撃を受けた時はどうなることかと思ったよ......レアが落とされて動揺してたんだなあきっと」

 彼もまた、先の戦闘で敵の攻撃を受けていた。龍は行動不能の深手を負い、数日たった今やっと戻れてきたのだ。

「あ、そのレアなんですが......」

 ミストの言葉で、部下はレア生還の報告を思い出す。ミストに伝えると、彼の顔は一気に明るくなった。ガバリと立ち上がると、報告を告げた部下に掴みかかる。

「本当?! 本当なの?!」

 襟を掴まれながら、部下の男は頷いた。
 するとミストは奇声を上げ、全てを放り出して基地へと突撃していく。
 部下たちは引き留めようとするが、徒労に終わってしまった。

「......帰ってきたのか」

 呆然と基地の入口を見つめる部下たちの背後から、突然声が聞こえる。
 直前まで気配すら感じられなかったために、彼らは皆肩を震わせた。振り返ると、そこにはノルヴが立っていた。
 突然の英雄登場に、皆たじろぐ。

「ノ、ノルヴさん。どうしてここに......」

 ミストの部下の一人が彼に聞いた。
 ノルヴがレアと共に基地に帰還したのは、三日前の事だった。その時は戦闘から丸一昼夜経過したところだったので、ミストが帰還したのは戦闘から四日後ということになる。
 彼はどうやらミストに見つからない、物陰に隠れていたらしかった。

「あの男に用があったんだ。それと、あの人を出迎えに、な」

 そう言いつつ、ノルヴは空を振り仰いだ。
 他の者も、同様にする。
 彼らは、一匹の龍がこちらに向かってくるのを見た。
 龍の色は紫。風と土埃をたてながら着地する。
 乗っていたのは、副騎士長ガルドだった。

「ふ、副騎士長!」

 慌てて敬礼をするミストの部下達。
 ノルヴは龍から降りてきたガルドに駆け寄る。

「師匠、今さっき帰着していました」

「わかった」

 短い言葉を交わす二人の表情は、かなり険しい。そしてそのまま、二人は基地の中に入っていく。
 残された一兵卒数名は、何が起こっているのかをさっぱり理解できなかった。

――

「レア! 生きてたんだね!」

 訓練場にて、レアを見つけたミストは彼に抱き着く。あまりの勢いに、レアの口から蛙がつぶれたような声が漏れた。

「ちょ、ちょっとミスト......」

 涙目の顔を自分に押し付けているミストに、レアは困惑している。

「部下の君が死んだら僕の責任でしょぉ? 親友の死を一生引きずるのかあってすっごく絶望的な気分だったんだよ?」

 最早親に甘える子供だ。
 こうなったら暫くは離れてくれないだろうと、レアは無理やり彼を引き剥がしにかかった。腕力がそこまで強くない為、彼は少々手間取りつつも、なんとかミストを押しのけることに成功する。

「ミストこそ、生きててよかったよ。僕の後で落とされたって聞いてたから......」

 話された勢いで床に転がったミストに、今度はレアが話を切り出した。
 あまりに俊敏な動きで、ミストは体勢を立て直す。

「そうなんだよ! 龍が対龍弾でやられちゃってさあ。回復を待ってここまで戻ってくるのがどれだけ大変だったか......そういえば、君はよくこんなに早く戻ってこれたねえ?」

「ノルヴが、助けてくれたんだよ」

「英雄くんが?!」

 久しぶりに人と話すからなのか、ミストは異様にテンションが高い。
 あまり突っ込んでほしくない事を聞かれたレアだが、巧く受け流すことに成功したようだ。そして、レアは自分が落とされて以降の事を、嘘を交えて説明しようとした。

 しかし、それは小銃を構える音によって中断させられる。

 自分の背後から聞こえた音に、レアは驚いて振り返った。

 そこに立っていたのは、ノルヴだった。銃口は、床に座るミストの額を捕らえている。

「うぜえ、いい加減口閉じろ」

 嫌悪感丸出しの言葉を、彼はミストにぶつけた。

「ノルヴ、何を......」

 何が起きているのかわからないレアが言った直後、部屋の外から誰かの足音が聞こえてくる。
 入ってきたのは、副騎士長ガルド。

「巧妙な嘘は真実になる......か、巧く嵌めるのに成功していたようだな、ミスト」

 低く、威圧感のある声で、ガルドは語る。
 言葉の間に、ノルヴはミストの背後に回った。銃口を彼の頭に密着させる。
 そして言った。

密偵は、お前だな」

――

密偵って、どういうこと? 何があったの?」

 密偵と名指しされているミストを覗くと、この場で密偵の事を知らないのはレアだけだ。当然の如く、混乱している。

「お前がレアだな? 俺の弟子の親友、であってるな」

 ガルドがレアに聞いた。
 彼は頷く。

「こいつの正体を暴くんだ、お前も知っておいたほうがいいだろう......十年前、この国に密偵が侵入した」

 状況の説明を始めたガルド。その後をノルヴが引き継ぐ。

「俺が別の用で騎士長と南鉱山の錬金術村に訪れた時に発覚したんだ。十年前――俺とお前が離れ離れになる少し前――に、その村で男が立てこもり事件を起こした。その要求が、この国への潜入の補助だった」

 ノルヴに銃口を向けられているミストは、抵抗一つせずにじっと話を聞いていた。

「つ、つまりそれが密偵、ミストだと?」

 レアが言う。
 それを否定したのはガルドだった。

「その真犯人は俺だ。俺は元々アドリア国の大臣家の子なんだが、覇権争いの延長で家族もろとも処刑されることになりかけた。だから術師の村を襲撃してまでこの国に入ったんだ。だがな、俺が独自に確保していた情報網に、俺の命を狙った密偵が、俺とあまり変わらない時期にこの国に入った可能性があるという情報が入った。それがそいつだ」

「アドリアが俺とレアの村を襲撃したのは、お前を潜入させるためだったんじゃないのか? 村一つが壊滅すれば、その村に誰がいたのかまるでわからなくなる。村の住人だった俺たちでさえ、村人全員を覚えていたかどうかは怪しい。だが流石に狭い村で、一度も顔を見た事がないのは違和感を覚える。だから『村から離れた森の中で暮らしていた』と言ったんだろ? それにだ」

 一旦言葉を切るノルヴ。
 彼の顔を、ミストは見上げた。

「お前、どうしてあの事件がアドリア国軍によって起こされたと知っていたんだ? 湾岸基地の資料室で、お前、俺に言ったよな?」

「あの襲撃は、あまりにも不可解過ぎてまだ首謀した国を断定でいていない。更に言うと、当時シュピネーとアドリアは友好国だった。黒幕を断定的に言えるのは、密偵本人だけだろう」

 ノルヴとガルドは、畳みかける。
 話が終わると、ミストは嘲笑した。

「口滑らせてさえいなかったら、バレてなかったってことだよねえ? 疑いくらいはかかってたかもしんないけど」

「ミスト、本当に......?」

 説明を聞いても信じられない、といった様子で、レアはぼそりと言う。
 そんな彼に、ミストは視線を向けた。

「そうだよ。俺っちはアドリア国特命潜入部隊隊員だ......ちょっと英雄くんいいかい?」

 突然ノルヴに話を振ったミスト。
 警戒したノルヴは改めて銃口を突き付ける。
 それを見て、ミストは両手を上げた。

「ちょっとちょっと、こんな状況で反撃なんかしないって。勝機の無い行動は嫌いなんだよぉ?」

「黙れ、銃口突き付けられて、はいそうですかとお縄になる密偵がどこにいる」

 ノルヴから敵意むき出しの視線を浴びて、ミストは皮肉っぽく溜息をつく。

「俺っちは手をふれないし、動かないから、ホルスターごと銃を外してよ。それでいいでしょ?」

 彼の言葉を聞き、ノルヴは彼の銃を奪った。勿論、警戒は最大限保ったままだ。

「とりあえず、洗いざらい話してもらおうか」

 ミストの銃を放りながら、ノルヴは冷淡に言う。

「分かってる。俺っちは、君たちが突き止めたように南鉱山裏一帯が炎上する騒ぎに乗じて、この国に入ったんだ。その時レアを助けたわけだけど......まあ、正直に言えば『それっぽさ』の為に偶然見かけた子を助けただけだったんだ」

 その発言を聞き、チラリとレアの表情を伺うノルヴ。
 レアは、衝撃に体を貫かれた様相で、棒立ちになっていた。

「で、その目的は処刑と国から逃げた男、ガルドを殺害することだった。勿論俺っちも無能じゃないから、あんたの居所はすぐに突き止めたよ? でも随分と巧く警戒網を張られてたから、中々近づけなかった。仕方がないから、レアを引き連れて軍に入ったんだ。それから先はまあ、レアも知ってるし、話す必要はないかなあ。諜報じゃなく抹殺が目的だったから、この国の情報は一切流してないよ。信じるかどうかは別だけどね」

「だとすれば、何故軍に入って以降の十年間、俺に手を出さなかった? お前は、その素振りすら見せなかっただろ」

 ごもっともな疑問を、ガルドが投げかける。いくら警戒されていたとはいえ、十年間で一度も隙がないなどということはありえない筈だ。ガルドは何度も実戦に繰り出している上、恐らくミストらと同じ戦場に立ったこともある。ガルドは十年で副騎士長という高位に上り詰めていたが、そうなると警戒以前の問題で、近づくことも難しくなってしまう。
 そんなことはわかっている、と言った風に、ミストは肩を竦めてみせた。

「何でだろうねぇ。国から何度も何度も催促されてたけど、その気になれなかった、って感じなんだよなあ。多分......」

 一旦言葉を切ると、彼はレアの方を向く。

「あんまり才能ないけど、誰かの為になりたいっていう人一倍強い意志がある誰かさんを、いつの間にか放っておけなくなったから、じゃないかなあ」

 驚いたような表情になるレア。

 その時だった――

泡沫の龍騎士 11話

「この大陸における人と龍の関係は、遥か昔、一人の男から始まっているのだ」

 白龍は穴から這い出て、地面に座り込んだ。
 話が長くなるからお主らも座れという風に言われ、ノルヴとレアも地面に座る。
 再び白龍の口が開かれ、人と龍の歴史が語られた。

 人と龍は、太古互いに干渉せずといった営みをしていた。白龍のような、人の言葉を話せる特殊な龍種も既に存在していたが、彼らは洞窟の奥深くに住み、人と出会うことはなかった。
 ある時、物好きな男が龍の巣である洞窟の奥深くを訪れた。彼は意思疎通のできる龍を見て大いに驚いていたという。
 龍としてもそれは同じで、男と龍は互いに興味を持った。
 友好的で博識な男を気に入ったその龍は、その者に龍の持つ知恵を教える事にしたのだ。さまざまな効果を持つ鉱石と、その加工技術。そして龍と契約する方法などだ。

「今の人々は、鉱石加工の事を錬金術と呼ぶと聞いている。そしてお主らがしているように、龍との契約の知識は常識と言えるまでになった」

 話の前段をそうまとめた白龍。それを聞いて、ノルヴらは驚愕した。つまり今の文明が軸としている錬金術、そして操龍の技術は、すべてその龍によって人類に齎されたということになるのだ。錬金術がなければ、火薬や重火器も誕生していない。まさに文明の根幹といえる話だった。

 話を続ける白龍。

 実はその龍は、男に一つ虚偽を教えていた。契約のメカニズムについてだ。契約そのものは、ノルヴやレアが昔経験したように、自らの血液をつけた鉱石を龍に与える、というものである。しかしそれによって生じるのは、龍と人との主従関係ではなく、ある程度の感覚の共有だけなのだ。つまり龍を本当の意味で自在に操ることができるわけではない。

「じゃあ、どうして?」

 レアが聞いた。それと同時に、レアの龍がゆっくりと彼の元に歩み寄ってくる。

「その男と龍が、『約束』をしたのだ。龍と共存関係を結ぶ代わりに、龍を操る術を人に授ける、というな」

 約束は、男と龍の他愛ない会話の中で交わされたそうだ。人と龍双方の将来に多大な影響を与えるものだったが、互いにそこまで気が回らなかったようだ。

 白龍は、一旦口を閉じた。話の区切れのようだ。

「随分と呑気な......」

 思わずノルヴが呟く。
 同感らしく、白龍は笑うように喉を鳴らした。

「この事は、我々龍は皆知っている事だ。だが人間側は、お主らがそうであるように全く話が伝わっていない。これは龍が人の家畜となることを恐れた男の計らいだそうだ。本来ならばお主らにも内密にすべきことだが......それなりに賢いと見受けたから教えた。疑問は解決したか?」

 問いかけに頷くノルヴ。
 一方のレアは、とんでもない場に居合わせた事に若干怯えを感じていた。

「ね、ねえ、本当にこんな話聞いてよかったの?」

 思わずノルヴに耳打ちする。
 今更何をといった風に、ノルヴは肩を竦めてみせた。

「あともう一つ、白龍の能力も聞きたい」

 ちらりと天井を見上げるのノルヴ。数分前白龍が吐いたブレスは、未だ天井にとどまり洞窟を照らし続けている。

「興味が尽きぬようだな......我々白龍のブレスは、触れた生物の命を奪うことができる代物だ。どうだ? 戦に絡ませるのは危険だろう」

 その言葉を証明するかのように、蝙蝠が一匹洞窟の中に入ってきた。天井に止まろうとするが、ブレスに触れた瞬間動きが止まり、地面に落下してくる。
 ノルヴは、少々顔を青ざめさせた。白龍の言うように、どこかの国の手に渡ったとしても、戦況は恐ろしいほどに一変するだろう。

「まあ、白龍が人前にでることは恐らくありえないだろう。他に聞く事がないなら、話はこれで終わりだが」

 逡巡の後、ノルヴは話を終わりにした。

「もう十分だ、感謝する。俺たちはレアの龍が回復するまでここにいるが、いいんだよな?」

 立ち上がろうと腰を浮かせがながら言ったノルヴの言葉に、白龍は頷く。

「これも内密の話だが、その龍を早く回復させる方法があるぞ」

「本当か?!」

 突然の朗報に、ノルヴが喜々とした声を上げた。
 それと同時に、二人の背後で石が転がる音がする。気づいたのはレアだけだった。

――

「この鉱石だ」

 白龍は、ノルヴ達を洞窟の奥へと案内した。いくつか分岐があったのだが、白龍は道順の全てを覚えているらしい。
 彼らの目の前の岩壁からは、入口の方にあったのと同じ乳白色の鉱石に、少しピンクが混じったような色をしている鉱石が大量に露出している。

「......見た事ないよこんなの。ノルヴは?」

 割れて地面に転がっていた鉱石を手にとり、レアは呟いた。
 ノルヴは顔を横に振る。

「その鉱石は、龍の体内を巡るエネルギーの流れを活性化させる......というと分かりづらいな。要は、食べた龍の傷を瞬時に直すことができる効果がある。無論、アルム鉱石による傷もな」

 彼らの後ろに佇む白龍が、説明した。
 二人は瞠目して再び鉱石に目を向ける。

「そんな都合のいい鉱石が......」

 信じられない、といったようにノルヴが言った。
 それを聞き、白龍が鼻を鳴らす。先程から仕草の一つ一つが妙に人間味あるものだ。

「実際に試せばわかる」

 白龍の言葉が合図になったかのように、その背後から一つの影が出てきた。覚束ない足取りで、レアの暗赤龍が歩いてきたのだ。
 暗赤龍はレアの前に来ると立ち止まった。
 手の中にある鉱石を見つめるレア。彼はチラリとノルヴに不安げな眼差しを送った。
 視線に気が付いたノルヴは、背を押すように頷く。
 レアは、鉱石を暗赤龍の口に投げ込んだ。
 放物線を描く鉱石を、暗赤龍は口で受け取る。

――

「......すげえな、あの石」

 洞窟の入口に向けて移動しながら、ノルヴは呟いた。彼の斜め後ろを歩いている暗赤龍は、ほぼ無傷に近い状態になっている。

「あの量では全快はしなかったようだな......だがあれは多すぎても毒、この程度ならば飛ぶのに問題はないだろう」

 一行の一番後ろを歩いている白龍が、二人に言った。

「ありがとう......ございます」

 思わず敬語で、レアが礼を述べる。丁度洞窟の入口が見えてきたタイミングだった。

「別に構わん。ここで見聞きしたもの全て、内密にしてくれればいいだけのこと。私こそ、滅多に来ない話し相手になってくれたことを感謝したい」

 結局、白龍のやったこと全ては暇つぶしに準ずるものだったらしい。それを悟ったノルヴとレアは、二人して顔を見合わせる。
 洞窟の出口に出た。雨は上がったものの、時刻は夜だった。満月が空高く昇っている。

「これは、結局ここで一泊するしかないみたいだ」

 黒龍であるノルヴの龍はともかく、レアの龍は夜目が効かない。

「ならば、適当に休んでいればいい。私は塒に戻る」

 欠伸交じりで白龍が言った。そして、出てきた時に開けた大穴に戻っていく。
 白龍の姿が見えなくなると同時に、天井付近のとどまっていたブレスが消え、洞窟は闇に包まれた。

――

 翌朝日が昇るとすぐに、ノルヴ達は基地に向けて出立した。
 レアの龍は、傷を回復させてからまだ半日も経っていないのだが、全く問題ないようだ。

「やっぱ本部への通信石は壊れてるみたいだ」

 ギリギリまでレアに近づいたノルヴが、大声で言う。彼は先程から、自分の耳に付けた通信石を弄っていた。

「僕たちが帰ったら絶対びっくりされるね......ミスト、どんな顔するだろ」

 レアがミストの名を出した時、ノルヴはピクリと眉を動かす。

「あのお調子者が、十年前お前を助けたんだってな」

「知ってるの?」

 苛立たしげに言うノルヴに、レアが意外そうな顔をした。どうやら、ミストがレアのことを話した事は伝わっていないらしい。

「聞いたんだ、本人から。どうなんだ、あの男は」

 まるで自分の娘の恋人を品定めする父親のような言い方だ。
 逡巡するレア。

「性格はかなり軽いけど、頭が切れて、腕も経つ。結構頼れる人だよ」

 あまり納得がいかないのか、その言葉にノルヴは微妙な相槌を打った。

「......何かあったの?」

 妙にミストの事を毛嫌いしている様子のノルヴを、レアは訝しむ。

「あの軽いノリが好きじゃない。あと馴れ馴れしいのもな。お前、どうやってあいつに出会ったんだ?」

 彼が尋ねているのは、彼がミストから聞いた以前の事、ノルヴと別れてからミストに合うまでの事を聞いているようだ。
 二人は、特別急いでいるわけでもなく、やや遅めで空を飛んでいる。風の音も若干小さく、近づいていれば普通の会話も可能な程度だった。
 レアは、遠いどこかを見つめるような顔になり、口を開く。

泡沫の龍騎士 10話

「ノルヴは......いつ知ったの? 僕が生きてたって」

 レアはおずおずとノルヴに質問する。
 それを聞くと、ノルヴは自嘲するように笑みを浮かべた。

「沖合であった戦闘の時、お前を見かけて初めて知ったよ......奇跡的に、お前の名が俺のとこまで届いてなかったんだ。お前は?」

「英雄の名前は流石に聞いてたけど、それが君の事なのかどうかの確信は持てなかった......だから、実質僕もつい最近、ってことになるねえ」

 ノルヴは、すぐ後ろに突き出した岩に背をもたれ、後頭部に両手を回す。

「お前とこうやって話す時がくるなんて、この十年間、思いもしなかったよ。あの火事の惨劇を見て、もう希望はないと思ったから......」

 彼と同じことを、レアも思ったらしい。気弱げに小さく笑った。

「そう......だよね......」

 そこで始めて、ノルヴはレアが落ち込んだ表情をしていることに気付く。
 彼が不審そうに顔を覗き込むと、レアは絞りだすように言った。

「ずっと、謝りたかった。ノルヴがそんな傷まで負ってるとき、僕は逃げる事しかできなかった。もしかしたら、助ける事だってできたかもしれないのに......」

 悔しげに唇を噛むレア。そして堰を切ったように言葉があふれ出す。

「それだけじゃない。いつも......今だって、関わらなくてもいいのにノルヴはわざわざ僕の事を助けてくれた。だけど僕は何もできない。感謝ばっかりして、何かノルヴの為にできたこと......一つもなかった。今は二人とも生きてることが分かって、こうやって話す事ができてるけど、今までずっと思ってたんだ」

「結局僕は、人に何もしてやれないんだって......十年前からずっと一緒に居るミストにも、恩返しみたいなことは何一つ......」

 その声は、震えていた。一言一言に、十年という年月の重さが含まれている。レアは、涙こそ流さないが、悔悟と無力感に肩を震わせていた。
 レアの姿を、ノルヴは暫しの間見つめている。といっても、レアに向けられているのは視線だけで、彼の双眸はレアの身体の向こうにある、どこか遠い所を見つめているようだった。

「なあ、レア」

 震えを止めるように、ノルヴはレアの肩に手を置く。
 気づいたレアは、彼の顔を見た。ノルヴはしゃがんでいる格好なので、丁度見上げる形になる。

「俺が、何でお前を龍騎士に誘ったか知ってるか?」

 首を横に振るレア。

「ノルヴが龍騎士にあこがれてたから、とか?」

「違う。俺は、お前に笑ってほしかったんだよ......」

 ノルヴが言った答えに、レアは奇妙な顔をした。
 それを見て、ノルヴは苦笑いしながら頬を掻く。

「まあ、ガキの頃の、今となっては意味の分かんねえ理屈なんだけど......あの狭い村で虐められてるお前でも、空の広さとか、龍の大きさとか、そういうのを知ったら笑ってくれるんじゃねえかなって思ったんだよ。お前、いつ何をされるかわかんない感じだったから、ずっと怯えたような顔してただろ? だからさ。それに、お前、ちょっと勘違いしてるぞ?」

 一旦口を閉じ、ノルヴは笑みを浮かべる。
 軍に入ってから一度も見せた事のない、心の底からの笑顔だ。

「俺が龍騎士に興味を持ったのは、お前のお陰なんだ。こういうとお前は面白くねぇかもしんないけど、自己満足でも、誰かの役に立てたり、誰かを助けたりするのって気分がいいんだってのを知ったんだよ。別にお前が弱いから助けてやろう、じゃなく、単純に誰かを助けたかったからなんだ。だから、軍に入る事を決めた。傍から見れば、殺し合いをする仕事だっていう人もいるだろうけど、俺には、誰かを守るために戦う、カッコいい仕事だって思えたんだ。それに今の俺があるのだって、お前のお陰だ。あの火事の時、俺はお前を助けようと動かなきゃ師匠にも出会えてなかったかもしれない。だからさ......」

 ノルヴは、がっしりとレアの両肩を掴んだ。

「別に気に病むんじゃねえよ。俺がしてるのは、わかりやすい助力で、お前が俺にしてくれたのは、自分じゃわからねえ助力だった、それだけなんだ」

 彼の声色は、普段の冷淡なものからはかけ離れていた。
 驚いたような目で、ノルヴの顔を見ていたレア。

「ほんとに......?」

 思わず口から洩れたのは、そんな言葉だった。彼がいつも抱いていた、罪悪感にも似た想いを、目の前でノルヴは一蹴したのだ。
 力強く、ノルヴは頷く。
 レアは口を開きかけた。だがその口から言葉が発せられる前に、激しい振動が二人を襲う。

「なんだ?」

 周囲に目を向けながら、ノルヴは立ち上がった。
 地面は、地震などとは少々違った揺れ方をしている。下から突き上げる感じ、というのは地震のそれと全く同じだが、揺れの中心が地面の奥深くではなく、彼らからあまり離れていない、地表近くにある。
 洞窟を形成する、乳白色の岩が砕けてパラパラと落下してきた。

「とりあえず、入口のほうまで避難しといたほうが......」

 緊迫した声色で、レアがノルヴに言う。
 ノルヴは頷き、自分たちより少し奥に寝かせていた龍二匹のほうをみた。どちらも既に目を覚ましていて、こちらに尾を向けている。揺れの中心を睨んでいるようだ。
 二人が動こうとした時、突然揺れが止まった。
 不気味な静寂が洞窟内に充満する。
 暫く何も離さずに、周囲を警戒するノルヴとレア。

 静寂を切り裂くように、岩が砕ける轟音がした。龍達の、更に奥の地面が陥没し、大きな穴が開く。
 一瞬静まり返った後、穴の中から鼓膜が破れそうなほどに大きな咆哮が聞こえてきた。
 思わず耳を塞ぐ二人。龍達は、穴から離れ、二人の傍まで後退してきていた。

「......まさか、龍か?」

 轟音の中、ノルヴは呻きながら言う。
 彼の言葉を証明するように、穴の中からは、通常の何倍もある大きさの龍が現れた。光源はランプだけで、見えるのは龍のシルエットのみで、何色をしているのかすらわからない。
 穴から半身を出した龍は、咆哮をやめる。そして唸ったかと思うと、直後口からブレスを吐き出した。色は、黒でも赤でもない。まるで雪のような純白だ。しかも自ら光を放っている。霧のようなそれは、ノルヴらに襲い掛かるでもなく、天井付近の空間に充満した。
 ブレスが照明の役割を果たし、洞窟全体が明るくなる。
 全貌を見た時、ノルヴもレアも驚愕で声を失った。
 純白の龍が、巨大な穴から半身を覗かせ、こちらを見ているのだ。周囲の岩が、くすんだ白ともとれる乳白色をしているので、龍の白さはより一層際立っているように見える。

「こ、こんな色の龍って、居るんだっけ?」

 混乱しつつ、レアがノルヴに聞いた。

「いや、龍の色は黒と暗赤と紫だけ! 白なんて見た事も聞いた事もないぞ......でも目の前に居るからなあ......」

 筋の通らない事を言うノルヴ。
 驚愕に顔を染めた二人を、巨大な白龍は睥睨するような目つきで見下ろしていた。
 その時、白龍と比べると、まるで模型のように思えるノルヴとレアの龍が、信じられない行動をとる。
 二匹の龍が、頭を垂れるような挙動をしたのだ。
 目の前で次々に起こる事象に、ノルヴもレアも声が出せなかった。
 しかし、驚愕の連鎖はそれで終わりではなかった。

「人が、二人いるようだな」

 巨大な白龍が、はっきりと、喋ったのだ。
 明るくなった洞窟は、再び静まり返る。
 ノルヴらは、呆然自失といった感じで白龍をただ見上げていた。

「どうした、喉を無くしたか?」

 まるで二人の反応を楽しんでいるかのように、白龍は目を細める。

「りゅ、龍、か?」

 やっとノルヴが放った言葉は、それだけだ。他に浮かぶ言葉が無かった。

「お主らの目に映ってるものが事実。私が龍に見えるのなら、それが事実だ」

 白龍の声は、荘厳な響きをしている。この龍がそうなのかどうかはまるで分らないが、王の風格、というようなものが感じられた。

「喋れる龍なんて、存在したの......?」

 今度はレアが言う。
 すると白龍は、少々苛ついた声を上げた。

「お主らが見えている通りだと何度も言わせるな。まあ、ここ何百年の間私を見た者はいないから、その反応も致し方なし、か。この洞穴に人が入ってきたので何事かと出てきてみれば、なるほど、戦で負傷したのか」

 言いながら、白龍はレアの龍にチラリと目線を向ける。対龍弾による負傷に気が付いていたようだ。

「なるほど、アルムをここまで加工できるようになったか。矢張り人間は面白い......普通の龍ならば数日でアルムの影響かから抜けられる。それまで、ここに居ようということだな?」

 白龍は、目線を龍からノルヴらに移した。

「ここは、お前の巣なのか?」

 やっと落ち着いてきたノルヴが、白龍に聞く。
 頷くような動作をする白龍。

「別に遠慮することはない。お主ら人間の世では、私は居ないも同然の存在だ。ここでもそう振舞うのは道理に外れた事ではない。食料も、この森ならば獣がそこら中に居るだろ――」

「いやいや、そんなことよりも......」

 あと少しで終わるとおもわれた白龍の言葉を、ノルヴは遮った。

「お前は一体何なんだ。巨大で、言葉を話せる龍なのはわかる。だが新種というには俺たちの事を知りすぎてるだろ。もし過去に人間とお前が何らかの形で関わってるんなら、なんで俺たちはその事を知らないんだ」

 この数分間で湧いた疑問を、ノルヴは一気に吐露する。彼が口を閉ざすと、反響を残して洞窟は静まり返った。
 ノルヴが危惧していたのは、能力が未知数であるこの龍、もしくはその同種が知らないところで人の手の内にあることだ。そうなると、戦闘時敵軍に誰も見たことのない龍が存在している、なんて状況が起こりえない。そしてそれは、戦争において圧倒的に不利な状況にある、ということにもなる。
 彼の言葉を聞いて、白龍はグルリと喉を鳴らした。

「なるほど、多少賢いようだな......話せぬこともないが、聞くか?」

 白龍の言葉に、ノルヴは頷く。

泡沫の龍騎士 9話

 龍騎士隊同士の戦闘は、混戦となる場合が多い。龍の背には大砲のような巨大かつ重量のある火器を搭載することができない為、騎手が装備している二丁の小銃、或いはライフル銃での銃撃が主となる。無論戦闘中に空中静止している龍などはまずいない為、彼らが狙うのは基本的に動体だ。射撃の難度はかなりのものだが、兵は皆その為の訓練を常にしているので、十対十の戦闘の場合でも、平均して三騎程度が撃墜される。また戦闘の大半がこのような流れになるので、体術に関しては技術を得とくしている者はさして多くない。ノルヴなどは体術に関してもかなりの強さだが、それは彼の特種さの根拠になっている。

 シュピネー帝国とアレニエ国、双方の軍に武力的な差は殆どなかった。戦場は広大な森林の上空、数百メートル四方に広がっている。そこかしこから銃声が聞こえていた。森、といっても熱帯雨林のお化けのようなもので、龍騎戦が行われる高度一〇〇〇メートル付近に届く樹木が多数自生している場所だ。高さが同程度の木が密集しているので、緑の海が波打っているように見える。
 ノルヴの顔と龍は、敵国にも難敵として知れ渡っているらしい。彼には特別敵の攻撃が降り注いだ。速度特化の赤龍にも多く追われているが、それすらも機敏な動きでいなし続けている。

「流石に多いな」

 若干の苛立ちを込めて、ノルヴは呟いた。
 同時に急上昇。龍の身体全体が地面と垂直になる。その事によりノルヴの騎は急激に失速した。
 彼の背後をとっていた赤龍二騎が、ノルヴの機動に対応しきれず、彼の下を通り過ぎていく。
 龍の顔の向きを下に変えて高度を下げると、ノルヴは完全に敵二騎の背後に回る位置取りになった。
 間髪入れずに対龍弾を発砲。どちらも見事、赤龍二騎の後方に命中した。
 負傷させた敵には興味がないと言わんばかりに、ノルヴは高度を上げる。すぐ傍にノルヴのいる高度と同じくらいの高さの木が密集している地点の横を通り過ぎた。
 木々の裏側で、シュピネー軍二騎とアレニエ軍二騎が戦闘をしているのが視界にはいる。互いに激しい銃撃を交わしていた。
 それを見て一瞬目を細めると、ノルヴは敵騎の方向に進路を変える。
 旋回しつつ、相対していたシュピネー騎に向けて連続で発砲していた騎は、ノルヴの接近に一瞬反応が遅れてしまった。騎手がノルヴに気づくと同時に、龍の左腹部へ弾丸が当たる。
 ノルヴが撃墜させた騎は三騎。圧倒的な数だった。
 そしてシュピネー軍の龍は十八、アレニエ軍の龍は十六と、数の上での優勢が広がっている。

 状況を見る為にノルヴは戦闘の中心から一時離脱した。
 広い戦闘域を見回し、油断はできぬが優勢であるその状況を確認する。

 同時に、彼は目を見開いた。
 ノルヴが見たのは――

――

 たった一人で数騎の龍を撃墜していくノルヴは、やはり常識外れの強さを持っている。通常の兵ならば、味方の数騎と小隊を組み、相手を迎え撃つのが定石なのだ。
 レアも、そんな小隊の一員として戦闘に参加していた。
 彼が居るのは、四人編成の小隊だ。指揮はミストが執っている。
 現在は、敵の小隊と混戦を繰り広げていた。敵の小隊は三人編成。

「二手に分かれるよ!」

 通信装置から、ミストの声が聞こえた。その一言を合図にしてミストとレア、そして残りの二人が別々になる。
 敵三騎は、少し離れつつも絶対に離散しない距離を互いに保ちつつ、少し上の高度を飛ぶレア達へ攻撃していた。機関銃を持つ兵が一人いる為、戦況は少々危ういものとなっている。
 ミストらが分かれたのをみて、敵騎は一八〇度向きを変えながら高度を上げた。
 レアとミストは縦列に並び、旋回しつつ高度を下げる。
 丁度空中ですれ違う形になった。
 二人は同時に発砲する。
 放たれた四つの弾丸が、敵騎の移動を予測した場所に飛んでいった。
 三騎の敵騎のうち一騎の赤龍の顔が、弾丸の方を向く。開かれた口から、炎と赤い煙の中間くらい、といった感じの見た目をした息を吐いた。高熱を帯びたそれは弾丸の勢いを殺し、落下させる。
 ブレス、と言われる龍の特性の一つだ。
 攻撃が防がれ、ミストが舌打ちする音が通信装置から聞こえる。
 直後再び銃声。
 対龍弾がブレスを吐き終えた敵騎に当たる。
 ブレスの下側に回り込んでいたレアが放ったものだ。

「撃墜!」

 レアが通信装置に叫ぶ。
 その後別れていたもう二騎が、残っていた敵騎を撃墜した。
 四騎は、再び隊列を組みなおす。
 数秒もしないうちに、新手が現れた。今度は黒龍二騎。
 ミストが通信で行動を伝えると、隊列を組んだまま敵騎に向かっていく。敵騎のほうもこちらを標的としているようで、旋回しつつ銃を連射していた。
 丁度空中で円を描くように、互いに旋回しながらの銃弾の応報が交わされる。
 数秒の拮抗が続いた後、敵方の銃撃が止んだ。未だ旋回は続いている。奇妙なタイミングだった。
 直後咆哮が、あらぬ方向から聞こえてくる。
 瞬時に危険を察知したミストは急旋回した。他の班員もそれに続くが、レアだけ一瞬反応が遅れる。
 咆哮は、別の敵騎が発したものだった。色は黒。
 黒色の煙霧がその口から放たれる。黒龍のブレスだ。
 レアは、それをもろに食らってしまう。

「レア!」

 吹き付ける霧の中、レアはミストの声を聞いた。
 そして銃声。
 敵騎の対龍弾が、レアの乗る龍に当たった。
 黒龍の放つブレスは、龍種が体色ごとに持つ特性を、他色の龍以上に引き下げる。レアの乗る龍は、暗赤。速さに特化した龍だ。ブレスを食らい、異常に速度が落ちたところを狙われた。
 対龍弾を複数受けたレアの龍は、呻きながら高度を落としていく。
 少しすると枝葉が龍やレア本人の身体を打ち付けた。
 レアは、完全に気を失う。

――

 大規模な戦闘は、数時間後に幕引きとなる。
 結果、アレニエ国軍は戦闘に参加した殆どの兵を失うという打撃を受けた。しかし勝利したシュピネー帝国側からしても、少なくない犠牲を払っていた。完勝とは言い難い結果である。
 事後報告が、レリスのもとに届いた。報告を担当している兵が、彼女の部屋で紙面を読み上げる。
 芳しくない結果を無表情に聞いていたレリスは、手渡された戦死者・行方不明者のリストを見て、思わず立ち上がった。

「ノルヴが......?」

 彼女の手に持つ資料の中に、確かにノルヴの名が記されていた。

「は、はい。ですが、少々奇妙な状況で......」

「奇妙?」

「私も目撃していたのですが、彼は自分から龍を落とした......というか、地上に用があった風な......」

 曖昧な物言いに、レリスは眉を顰める。思わず追及しそうになるのだが、それで詳しい事が分かるのなら最初から言っている筈だと思いとどまった。

「......わかりました。その行動の真意がどうであれ、今この場に居ない以上戦死者として扱います。惜しい戦力でしたが。報告、ありがとうございます」

 敬礼をすると、兵は部屋を出ていく。
 一人残ったレリスは、再び資料に目を落とした。
 すると、ノルヴの名の付近にある名前を見つける。

「まさか......」

――

 レアは、風のうねる音で目を覚ました。
 体を起こして周囲を見回してみる。
 どこか洞窟の中の中のようだ。外からの光は届かず、どこに何があるのかもさっぱりわからない。
 雨の降る音が聞こえてくる。洞窟の深いところではなく、比較的浅いところにいるようだ。
 周囲を見回しながら、現在の状況を確認していくレア。対龍弾を何発も食らい、確実に死んだものと思っていた自分が、何故こんなところに居るのか。どれだけ考えても、さっぱりわからないようだ。
 ふと、何かが動く物音がする。
 彼のすぐ傍、左斜め後ろ辺りから、その音は聞こえてきた。
 用心しつつ、レアは振り返る。体を支える為に地面に手を突いた。
 手に何かが触れて、彼は一瞬動きを止める。何か布のようなものが、体の下に敷かれているのが分かった。
 持ち上げて、よくよく見てみる。
 龍騎士が来ている上着だった。

「起きたのか」

 無表情な声が、先ほど音のした場所から聞こえる。
 そして、マッチをする音。
 光に照らされて浮かび上がったのは――

「ノルヴ......隊長」

 思い出したように、敬称をつけるレア。
 それを聞いて、ノルヴは一瞬瞼を痙攣させた。

「別にいい......ここは戦地直下の洞窟の中。戦争も軍も関係ない場所だ......」

「う......うん......」

 気まずい、というのが、二人に流れている空気を表現するのには最適な言葉だろうか。
 互いに親友との再会を喜ぼうという気は大いにある。しかし齢七から十七の間に、互いが変貌したものは大きかった。顔も、体躯も、声も、全くではないにしろ、少なからず変わっている。

「その......何を言ったらいいか......とりあえず、ありがとう。助けてくれて......結局、再開したと思ったらまた助けられちゃったね......」

 言葉に詰まりながら、レアは言った。最後の言葉を言った時、彼の顔に影がさす。
 位置的にレアの表情の変化に気が付かなかったノルヴは、ランプを持って立ち上がった。
 その気配に気が付いたレアが再び彼の方に視線を向ける。
 洞窟の少し奥に歩いて行ったノルヴは、立ち止まると床に横たわる何かにランプを近づけた。
 横たわっていたのは、二匹の龍。片方は黒で、もう片方は暗赤をしている。付けられていた防具が、取り外されて横に積み上げられていた。

「お前の龍は、対龍弾を複数食らっている上に、落下時の負傷も少なくない。雨を避けてこの洞窟に入ったときはまだ歩けていたが、それが限界だろう。そして俺の龍も、残念ながらお前を救出する際に負傷した......どうする?」

 レアの発言を殆ど無視したような発言だ。しかし今の状況では最優先で決めなければならない事で、数瞬後にレアはそれを理解する。

「ここの正確な場所はわかんないけど、多分数日あれば徒歩でも基地に辿り着ける距離......でもこの天気で、しかも森や山を抜けるのは厳しいから......龍がある程度回復するまで、ここで待機するのが一番なんじゃないかな」

 少し考え、自分の考えを語るレア。
 どうやらノルヴも同感だったようで、大きく息を吐くとレアの前に戻ってきた。そして二人の間にランプを置いて座り込む。

「互いに異論がないようだから、そうすることにする......久しぶりだな。レア」

 ノルヴが初めてレアの名を呼んだ時、やっと二人の顔がランプの光に照らされる。
 彼の表情は、レアが想像していたよりも少しだけ、明るかった。

泡沫の龍騎士 8話

「え......こ、これは......」

 その光景を見て、ノルヴは狼狽した。
 訓練場からノルヴが出た途端、銃声が響いた。あまり感覚を開けずに、二回も。
 駆けつけてみると、石造りの廊下の真ん中にレリスが立ち尽くしていた。彼女の手には小銃が握られており、銃口からは硝煙がでている。
 レリス着ている衣服の背中、左肩甲骨のところに穴が開いているのが、ノルヴの目に入った。そして、彼女の前にはアドウェルが倒れている。
 ノルヴの声に気が付き、レリスは彼のほうを振り返った。その顔は、悲しみに満ちている。

「彼が、私に向けて発砲しました。防御の為、私は彼の手元に発砲して銃を弾き、気絶させました」

 起こった事を話すレリス。しかし、それでもノルヴの混乱は収まらない。

「どうして、こいつが騎士長に発砲を......あ」

 倒れているアドウェルを見下ろしながら言ったノルヴが、何かを見つけた。
 屈んで、アドウェルの懐から何かを取り出す。
 それは、通信石だった。

「......俺たちが使っているどの通信石でもない......ってことはこいつ」

 ノルヴが導き出した予測に、レリスは既に到達していたらしい。表情を変えずに頷いた。

「外部の者と連絡を取っていた、と考えると、彼が密偵、あるいは密偵の傀儡になっていた可能性があります」

 不意に、何人かが彼らの元へ来る音が聞こえてくる。銃声に気づいた兵のようだ。

「彼を拘束してください」

 やってきた兵数名に対し、レリスは一言だけ言った。
 速やかに、アドウェルは運ばれていく。
 その場には、レリスとノルヴだけが残った。

「......撃たれたところは?」

 暫くした後、ノルヴはレリスに聞いた。レリスの服に開いた穴が銃創だと気づくのに、少し遅れたのだ。

「通常弾だったので助かりました」

 服をめくるレリス。

「防弾服......いつも着ているんですか?」

 通常の服の下にあるそれを見たノルヴは、半ば呆れたように息を吐いた。
 彼の胸中を察したレリスが肩を竦める。

「試験で使用したものです。あまり耐久性が優れず、採用には至りませんでしたが、捨てるのももったいないので、何となく着ていたんですよ」

 蜘蛛の交配による防弾服専用繊維の制作。シュピネー帝国が進めている事業の一つだ。
 言い終えた後、レリスは黙り込み、うつむいた。

「これだけの失態......本当に、最悪ですよね......騎士長として......」

 その姿を見て、ノルヴは声をかける事が出来ない。

「最近、随分と顔色が優れないようでしたが」

 一見話を反らしたようにも思えるが、彼の発言は、レリスを気遣ってのものだった。
 思うところがあるらしく、レリスは目線を泳がせる。

「開戦直後の緊迫した状況だというのに、密偵が入っていたり、裏切りものが出てしまったり、私の力不足が浮き彫りになるばかりで......」

 彼女が語っている事は全て本当の事である。それを痛感していたノルヴは、フォローすることが出来なかった。
 逡巡した後、口を開く。

「起こった事に引きずられるのは、らしくないと思いますが」

 それを聞き、レリスは唇を噛んだ。

「表に出すのは禁忌としていましたから......本当は、最初からずっと......」

「史上初の女性騎士長......なるほど、世間、軍内の目も厳しいってことですね」

 ノルヴの言葉に、レリスは顔に落とす影をより一層暗くする。

「龍に乗れない女が、本当に騎士長になってよかったのか......と常にどこかで感じていました。陸上戦や補佐騎乗での実績があり、それが正式に認められていたとはいえ、やはり......」

 その声は、震えていた。
 涙は、流れない。それは彼女にとって武人としての死を意味していた。
 無言の時が流れる。
 レリスが言うように、龍は女と契約することはできない。つまり女性が龍騎士になることはありえないのだ。世間一般は、軍に入るの者は決まって男だという認識である。
 今騎士長を務めている女が、何故騎士としてここにいるのか。それを彼女は、ただの一人として話したことはなかった。
 彼女の様を見て、ノルヴは溜息をつくように息を吐く。

「騎士長、今の状況を考えてください。密偵を潜入させ、組織上層部内での互いの結束も疑わしい。それは確かに貴方を中心とした軍中枢の責任です。しかし今は、かの国との闘いを始めた、この国の歴史上でも前例がないほどに大切な時でしょう。ここで騎士長が、国内に対しての失態の所為で、国外、戦での失態を重ねてしまうのが本当の最悪ではないのですか?」

 その言葉遣いは、彼にしては珍しいほどに丁寧だった。

「途中何が起ころうと、勝利したものが善となるのが、戦争ではないですか。過去の失態より、これから負けない為の事を大切にしてください。貴方は今この瞬間も、シュピネー帝国軍騎士長でしょう」

 言外に、ノルヴは密偵に関する一連の騒動についても、彼女を叱咤している。まだ完全かつ最悪の失態ではないのだから、と。
 不器用ではあるが、軍人にしては上出来の言葉だった。
 レリスは、見開いた眼でノルヴを見つめる。
 無機質な窓から、陽光が筋を描いて刺し子で来た。二人の立つ場所が、瞬く間に温かな光に満たされる。
 一瞬顔を伏せ、再び顔を戻すレリス。顔を上げた時、その目の色は一変していた。

「すみません。らしくないところを見せてしまいました」

――

 その一件から一夜明けた後、ノルヴは西鉱山基地へと向かう事となった。本来であれば、彼は今頃湾岸基地にいて、そこから直接向かう筈だった。よって隊列は組まず、一人での出発となる。

「動いている事態は、もう止められません。私は残り、指揮を執りながら密偵について調べます。この戦闘が終わるまで、密偵の件は忘れていてください」

 龍に騎乗したノルヴを見上げ、レリスは言った。

「当然です」

 ノルヴの返答は、やはり素っ気ないものである。しかし彼は逡巡した後、レリスを見下ろした。

「この戦闘、湾岸基地の兵も参加するんでしたよね」

「そうですが」

「わかりました」

 返事を聞いてすぐ、ノルヴはゴーグルを降ろした。
 離陸する直前だったが、レリスは再び口を開く。

「彼には、合えたのですか?」

 ゴーグルでノルヴの目元はよく見えないが、彼の目が見開かれる気配がした。
 黒龍が翼を広げる。

「もしかしたら、俺は非常に弱くなるかもしれません」

 そう言い残すと、彼は蒼穹に飛び立っていった。

 離陸上場は、固められた茶色い地面が広がっている場所だ。殺風景ば場所に一人残されたレリスは、黒龍の影が遠ざかるまで、そこに立ち尽くしていた。

――

「やぁやぁ、二日ぶりだねぇ、英雄さん」

 能天気な声が聞こえた瞬間、ノルヴは苦虫を噛みつぶしたような顔になった。
 本部から出立してから数時間、西鉱山基地に到着したノルヴに、ミストがちょっかいをかけてきているのだ。
 ノルヴの表情を無視し、ミストは話を続ける。

「まさかこんなにすぐ、英雄と一緒に戦闘に参加できるなんて思わなかったよ。よろしく頼むよぉ?」

 そう言って、ノルヴの肩に手を回した。
 乱暴にその手を払いのけるノルヴ。

「うざい」

 辛辣で重い一言が、彼の口から発せられた。ノルヴの性格上、この男が好きではないのは言うまでもない。
 思わず、ミストは腹を抱えて笑う。

「まあまあ、そんなぴりぴりしないでよ。楽しみにしてるよぉ」

 ノルヴの背を叩き、彼を追い越していくミスト。
 彼の背中を、ノルヴは暫くの間睨んでいた。

 ふと、背後で物音がする。
 振り返ってみてみるが、そこには、殺風景な廊下が続いているだけだった。
 それと同時に、鐘の音が聞こえてくる。出撃の時間が迫っている事を知らせる鐘だ。
 ノルヴは、気持ちを切り替える為に軽く息を吐き、外へと向かう。

 離着陸場についてすぐ、彼は白い髪を持った一兵卒を目にしたのだが、何も行動することはなかった。

「これより! 国境付近にある森林上空での戦闘へと向かう!」

 そう叫ぶのは、今回の作戦を取り仕切る上官。
 シュピネー帝国領への大規模な侵攻作戦を、アレニエ国軍が開始しようとしている情報が齎されたのは、つい先日の事だった。今西鉱山基地にいる者の殆どが、その防衛、及び敵戦力に打撃を与える為のこの作戦に参加することになっている。数にして二十数騎。通常の隊が十騎にも満たない事を考えると、かなり大規模なものだ。しかし敵の軍勢も同等の数という情報も入っている為、多勢を差し向けるのに躊躇はない、といったものである。

 そして、作戦開始時刻丁度。
 黒、赤、紫の三色が入り乱れた龍達が、一斉に大空に舞い上がった。